2020年10月07日

統一経済論 概要

1.労働

 世の中には、働かなくても生きていける人と、働かなければ生きていけない人がいます。
 裕福な家に生まれた人と貧しい家に生まれた人との間には、生まれながらにして貧富の格差があります。そして、両者にとって労働の意味合いは大きく違ってきます。ここに、社会に様々な問題が生じる原因があります。
 しかし、この不条理は、経済システムを変更することによって、解消することが出来ます。

 ⇒ 労働

2.貨幣循環

 今日の経済社会の混乱の原因を一番深いところにまで探っていきますと、人間が無から創造した貨幣の使い方、すなわち貨幣システムに原因のあることが分かります。
 社会には様々な問題があります。小さくは、個々の家庭の貧困の問題から、大きくは、国家の財政や安全保障の問題、世界規模の自然環境破壊の問題に至るまで。
 これらがいつまで経っても解決されないままになっているのは、経済活動の流れをつくる貨幣制度が自然の原理に反しているところに、大きく起因しています。
 すなわち、現在の貨幣制度は自然の循環原理に反しているのです。
 人類は、これまで、自己の欲望のゆえに、貨幣システムを正しく作ることが出来なかったのです。

 ⇒ 金融


提言: 統一原理に基づく経済社会の打開策 (共同所有貨幣制度)



posted by 若枝 at 14:11| Comment(0) | 本論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月22日

資本主義の問題点

今の資本主義の問題点は、土台となる貨幣循環ループが存在しないところにある。



posted by 若枝 at 13:16| Comment(0) | 金融 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月10日

今の経済政策は綱引きで双方とも勝つ方法を探しているようなもの

基本的に自分を最優先に考えてきた人間が作り上げた今の金融システムが矛盾を抱え込んでいるのは当然です。
今の経済政策は綱引きで双方とも勝つ方法を探しているようなものです。答えがありません。

神が創造した自然界に似せて作らなければ経済は解決しません。



ラベル:経済政策
posted by 若枝 at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月07日

貿易戦争の根本原因

自国の利益を最優先に掲げた貿易戦争も、裏を返せば、自国民の生活を守るためです。問題の根本原因は、今の経済の仕組みに誤りがあることで、人類はこれに気づいていません。

今の経済の仕組みの根本的な矛盾



続きを読む
posted by 若枝 at 18:02| Comment(0) | 世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月17日

他者のために生きられる本然の社会にするには、貨幣の循環を基礎におく必要があります。

今の社会は自分のために人を犠牲にせざるを得ない社会です。自分の所得の増加は誰かの所得の減少を意味し、この綱引きだけで成り立っているのが今の社会だからです。これを、他者のために生きられる本然の社会にするには、貨幣の循環を基礎におく必要があります。

神様の願いを果たしうる貨幣制度

ラベル:創造本然
posted by 若枝 at 12:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

日本国憲法の「勤労の義務」はマルクス主義の社会党から出された

日本国憲法の「勤労の義務」はマルクス主義の社会党から出された修正案で、修正前の政府原案は「勤労の権利」だったそうです。

勤労の義務 - 国家鮟鱇


「人間の本質は労働である。労働しないものは人間ではない。」という唯物思想が憲法に刷り込まれてしまっているがゆえに、日本社会はひそかに唯物論的な社会になってしまっていると思います。

「働かざる者食うべからず」を、労働しない者は食う権利を有しない、と解釈するのは共産主義に他なりません。

食うのは無条件に与えられて当然であり、その上で、人間は人のために生きる勤労の自由を有しているのだと思います。

「働かざる者食うべからず」は、他者のことを考えず自分のことしか考えない者に対する戒めの言葉と解釈するべきでしょう。



posted by 若枝 at 16:19| Comment(0) | 労働 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

共同所有貨幣制度はすべての国に必要

共同所有貨幣制度はすべての国に必要だと思います。

実は盛り上がっていない開催国の韓国 平昌五輪に無関心な若者が多い理由 (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

「昔は、一生懸命勉強をやれば、なんとかのし上がれましたが、今はいくら頑張っても、上にいけない。努力しても無駄だという空気が蔓延している」(韓国の大学生) (上記記事より)



posted by 若枝 at 10:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

真の自由

「自由・民主主義」と言っても、今の人類社会におけるこれは一部の人だけに与えられたものだと言えるでしょう。
近世500年は、欧米が近代化を主導し、自由とは欧米を中心とした自由であり、その他の地域の人々は多くの涙を流してきました。

日本は、辛うじて、欧米に追随してきましたから、自由に振舞えていますが、この自由は一部の人のみの自由であり、真の自由ではありません。


今の経済の仕組みは個々人の利益を中心として構築された構造であり、受け渡しの関係から、自分の利益は必ず他者の損失を伴っています。
欧米が自由を謳歌しているとき、これを成り立たせていたのは、多くの他地域の人々の涙だったのです。
これは今でもそうです。

真の自由はすべての人に与えられるものでなければなりません。しかし、今の経済システムではこれが構造上不可能です。

ですから、経済システムを共同所有貨幣制度に変更しなければならないのです。



ラベル:自由
posted by 若枝 at 09:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月29日

中国「一帯一路」の餌食になりつつあるベネズエラとパキスタン

中国はこれまでの欧米のやり方で欧米に仕返しをしているのでしょう。今の経済の仕組みの欠陥をうまく利用して世界を支配するつもりです。貨幣制度を早く共同所有貨幣制度に転換しないとたいへんなことになります。

中国「一帯一路」の餌食になりつつあるベネズエラとパキスタン - まいじつ



posted by 若枝 at 13:46| Comment(0) | 世界経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

働き方改革はこういう問題を考えないといけないと思います。 廃業予備軍127万社の衝撃

働き方改革はこういう問題を考えないといけないと思います。

日本の「お宝企業」が絶滅危機!廃業予備軍127万社の衝撃 | 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ | ダイヤモンド・オンライン


若者が創意をもって自由に取り組める経済環境がないと、よいものがどんどん消えていってしまうと思います。
働かざるもの食うべからずではなく、衣食足りて礼節を知るという社会風土こそが、社会に真の発展をもたらすために必要でしょう。



ラベル:働き方改革
posted by 若枝 at 11:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする